FC2ブログ

記事一覧

清内路かぼちゃ保存会活動日誌

5月に定植した清内路かぼちゃの苗は今では大きく成長しています。
清内路かぼちゃ保存会では毎日交代で人口受粉をし、形の良い、美味しいかぼちゃを目指し育てています(^o^)/

人口受粉をしている「棚」は上までツルで覆われています。
かぼちゃ棚1

中も人が1人通るのがやっとなくらい生い茂っています。
かぼちゃ棚2
ぶら下がった札は、受粉させた「日付」「雌花の株番号」「雄花の株番号」が書いてあります。

葉っぱが大きく、大きいものでは顔がすっぽり隠れてしまします。
雨が降った時には傘にもできちゃいます。
かぼちゃ葉

棚のあちこちに黄色い花や果実があります。
かぼちゃ花

かぼちゃ果実

8月後半頃から徐々に収穫が始まってきます。
収穫したかぼちゃは1週間ほど乾燥させ、出荷が始まります。

清内路かぼちゃ保存会では高森町の信州芽吹堂飯田営業所さん、飯田市のノエル洋菓子店さん、同じく飯田市の船橋屋アップルロード店さんにお菓子の材料として提供させていただいています。
また、宮田村の旬彩ダイニングMさんにレストランの食材としても提供させていただいています。
どのお店もおいしいので機会があれば行ってみてください\(^o^)/

個人への販売も行いますので、ご希望の方は清内路かぼちゃ保存会事務局(清内路振興室内)電話0265-46-2001までご連絡ください!
※年により味や質が異なります。できるだけおいしそうなものをお売りしますが、おいしくなかったり虫が入っていることがあります。そういったものは別のものと交換させて頂きますのでご連絡くださいm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seinaiji2019

Author:seinaiji2019
長野県の南部、下伊那郡の西端にあり、東は飯田市南及び西は阿智村、北は木曽郡南木曽町に接し、東西9.1km、南北9.3kmでほぼ菱形に近い形をしています。
海抜は640mから1,636mで、中央アルプス南部に位置し、北方に兀岳(海抜1,636m)、東方には高鳥屋山(海抜1,398m)、西方は恵那山系に囲まれています。
交通は村をほぼ南北に国道256号線(中津川、茅野線)が走り、これを基幹として道路網の整備が進んでいます。
<平成30年1月1日現在>
【人口】570人(男276人 女294人)
【世帯数】234戸
【高齢化率】41.23%

最新コメント